当シンポジウムについて

分野を超えた交流が生み出す「サイエンスイノベーション」

毎年夏に開催される高遠・分子細胞生物学シンポジウム(以下、高遠シンポジウム)は、
最先端サイエンスの異文化交流を特徴にしております。

分野も年代も超えた議論は、日々の研究活動への新たな視点のきっかけとなり、
ときにイノベーションを生んできました。

自然豊かなロケーションでピュアサイエンスに共感するひとときをお過ごしください。

  • シンポジウム風景・1
  • シンポジウム風景・2
  • シンポジウム風景・3

世話人紹介

児玉 龍彦

  • 東京大学
    先端科学技術研究センター
    システム生物医学
  • こだま たつひこ
  • 児玉 龍彦

若手研究者へのメッセージ

「単純なメカニズムから複雑さが作られる」
生命を維持するには、恒常性を保つためのネガティブ・フィードバック制御のような原理的にはわかりやすいメカニズムでも、重なり合うと複雑なパターンが生まれる。表面的なパターンから内側のメカニズムをさぐるのが生命科学であり、一見ノイズに見えるところからシグナルをみつけだす工夫が大事である。
そこで大事なのはレトロスペクティブ(回顧的)に結果をみるよりもプロスペクティブに予測をもって実験や計測を行う事であろう。
どのようなモデルのメカニズムを想定しているか、常に意識することが大事になるだろう新しい人による、新しいパターンのメカニズムの発見に期待しています。

西田 栄介

  • 京都大学大学院
    生命科学研究科
    シグナル伝達学分野
  • にしだ えいすけ
  • 西田 栄介

若手研究者へのメッセージ

ただいま準備中です。

吉田 進昭

  • 東京大学 医科学研究所
    システム疾患モデル研究センター
    発生工学研究分野
  • よしだのぶあき
  • 吉田 進昭

若手研究者へのメッセージ

サイエンスや研究の世界で、人やテーマとの「出会い」は非常に大切ですが、人生そのものも「出会い」の繰り返しと言われています。
高遠シンポジウムは種々なバックグラウンドを持つ研究者が集う場であり単なるセミナーによる情報交換でだけではなく、研究者としての生き方や姿勢に触れる絶好の機会だと思っています。上下関係も何もなく、垣根を取り去って夜通しいろんなことを語り合える場も提供されており、何かひとつでも自分にとってプラスとなるような発見があり得る場なのです。
動けば風が吹く、じっとしていないで自分から飛び込んでみましょう!
セレンディピティとは語り合う中で磨かれるものなのです。

米原 伸

  • 京都大学大学院
    生命科学研究科
    高次遺伝情報学分野
  • よねはら しん
  • 米原 伸

若手研究者へのメッセージ

下記の(相矛盾する?)二つの項目を、バランス良く進めていこう。
専門家を目指そう!:科学者のあり方が問われている時代ですが、高い専門性を有すればこそ、全体を俯瞰するための立ち位置や、社会との関係を確立する基盤が定まると考えます。
広い視野を持とう!:狭い専門領域以外への興味を保ち、他領域の人たちとの積極的な交流を実行しよう。「高遠シンポジウム」を利用しよう!

No Photo

  • 東京大学大学院 医学系研究科
    生体防御腫瘍内科学講座
    代謝・栄養病態学
  • かどわき たかし
  • 門脇 孝

若手研究者へのメッセージ

ただいま準備中です。

高橋 淑子

  • 京都大学大学院 理学研究科
    生物科学専攻 動物発生学
  • たかはし よしこ
  • 高橋 淑子

若手研究者へのメッセージ

最近学会などで気になるのは、「お行儀がいい」研究発表がふえていることです。もっと、自分がおもしろいと思うことを全面に出しても良いと思います。その結果、たとえ酷評されても、それはそれで次への活力となるはずです。
次世代を切り開くものは、心が打ち震えるようなサイエンス、これしかありません。

No Photo

  • 東京大学 薬学部
    分子生物学教室
  • ごとう ゆきこ
  • 後藤 由季子

若手研究者へのメッセージ

一回しかない短い人生だから、本当に自分が大事だと思う事に目一杯力を注ぎたいものですよね。研究も、研究以外も。私の場合、自分はまだ修行中だと思ってぼんやりしていたら、あっという間に時間が経ってしまいました。自分が心底わくわく出来て重要だと思えることに集中して、皆さんともシェアできたら幸せです。
高遠では人生楽しんでいる素敵な研究者の方々に(老若男女)たくさん出会えて、いつも良い時間を過ごさせていただいて感謝してます!

水島 昇

  • 東京大学大学院 医学系研究科
    分子細胞生物学専攻
    生化学・分子生物学講座
    分子生物学分野
  • みずしま のぼる
  • 水島 昇

若手研究者へのメッセージ

研究の楽しさは発見そのものにありますが、その発見をお互いに見せ合ったり話し合ったりするところにもあります。特に、まだ誰も知らないことや考えてもいないことについて議論するのは至福のひとときです。
専門家同士の深い議論と、専門を超えた突飛な議論のどちらも楽しいものです。夜遅くまで仕事のことを熱く語りあえる職業なんてなかなか無いのではないかと思うほどです。高遠にはユニークな講演者が集まりますので、面白い生物学についてじっくりと考える良いチャンスになると思います。

倉永 英里奈

  • 理化学研究所
    多細胞システム形成研究センター
    組織形成ダイナミクス研究チーム

    東北大学大学院生命科学研究科
    分子生命科学専攻 
    遺伝子システム学講座 細胞動態制御分野
  • くらなが えりな
  • 倉永 英里奈

若手研究者へのメッセージ

高遠シンポジウムは、時代のトップランナーである研究者の講演を身近で聴き、夜はリラックスした雰囲気の中で四方山話をしながら、その方々の人柄や歴史を知ることができる数少ない場所です。
2009年からは新しい趣向が加わって、聴くだけでは飽き足らない私のような者にもトークの機会が与えられ、熱い議論を交わすポスターセッションも設けられるようになりました。
つまり、偉い人も若い人も、一緒にサイエンスを楽しめる場所に変革を遂げています。若手研究者・学生の皆様、いろんなチャンスが溢れている高遠シンポジウムに参加してみませんか?
そして、アルプスの山々に囲まれた自然豊かな高遠で、生物の不思議に触れて、一緒にサイエンスを楽しみましょう!

熊ノ郷 淳

  • 大阪大学大学院医学系研究科
    呼吸器・免疫アレルギー内科学
  • くまのごう あつし
  • 熊ノ郷 淳

若手研究者へのメッセージ

医学・サイエンスには「縦糸の医学と横糸の医学」が大切です。
研究者同士の関係も、同じ分野のヒトと繋がるだけでなく、分野を超えて繋がるところに発展や楽しさがあると思います。
「高遠カンファレンス」は、研究もヒトも「縦糸、横糸」で紡ぎ、大きく素敵な「布」にしてくれる「場」だと思います。

このページの先頭へ戻る

シンポジウムの歴史

シンポジウム風景

老若男女の研究者たちによる合宿さながらのシンポジウム

高遠・分子細胞生物学シンポジウム(以下、高遠シンポジウム)は、 例年夏に1泊2日の日程で開催される、老若男女の研究者たちによる合宿さながらのシンポジウムです。

生物学・基礎医学を牽引する世話人グループが仕掛け人となって毎年の講演者が選定されます。 この選定には定評があり、特に時代を先取りした独創的な若手研究者の発掘においては先見性が発揮され、 毎年白熱したディスカッションが繰り広げられます。

第1回は1989年、アルプスの山々に囲まれた長野県伊那市高遠町にて開催されました。 (当時の世話人:高橋泰常、矢原一郎、田代裕、堀田康雄。第6回から田代に代わり新井賢一が参加。敬称略)。

老若男女の研究者たちによる合宿さながらのシンポジウム

高遠シンポジウムは講演分野を絞らないことを特徴としており、分子細胞生物学に限らず、 植物学や動物学からもこれまで多くの先生がたにご講演いただいています。
参加者にとっては異分野の研究哲学に接する絶好の機会となっており、講演者と聴講者、世話人、シンポジウムスタッフが共に食事をし、 酒を呑み、お風呂で疲れた身体を癒しながらも熱い議論が明け方まで展開されています。

また、第21回(2009年)からは、若手研究者に自己アピールの機会として活用いただくように、 夕食後にポスターセッションを実施しています。

日本版Gordon Conferenceともいえる、自然に囲まれた和やかな雰囲気の中にも、 サイエンスをこよなく愛する研究者たちの熱いハートが交差する貴重なシンポジウムです。

高遠シンポジウムの特徴

このページの先頭へ戻る

弊社について

弊社イメージ

抗体専門メーカーとして1969年に若い研究者数名によって設立され、 1996年JASDAQにバイオベンチャーとして最初のIPOを果たしました。

抗体製造技術をコア技術としてバイオ関連基礎研究用試薬・免疫関連臨床検査薬・遺伝子検査薬・細胞診検査薬の、 研究・開発・製造・販売を国際的に展開しています。 とくに、臨床検査薬分野では自己免疫疾患検査薬市場において国内で圧倒的なシェアをもっています。

研究・開発においては、ゲノム解析を採り入れたがんの早期診断の精度を高める研究開発に注力し、 がんの克服や発症予防に道を開くことを目指すとともに、再生医療、抗体開発、治療用抗体など多くのテーマに取り組み、 ライフサイエンスの進歩と発展に努力を重ねています。

このページの先頭へ戻る